Input Word : 前立腺ガン

病気予防と食材の関係表
Number of 'Disease prevention and food' data : 5

食品名学名効能機能性天然物文献
ダイズGlycine max血中や循環器系に健康効果。
血圧降下、利尿作用。
[薬膳]体内の水分を調整する作用があり、利尿を促し、むくみを改善する効果。
生薬としては、成熟大豆を発酵させた「淡豆鼓(たんとうし)」、黒大豆のもやしを乾燥させた「豆巻(ずけん)」などがある。
夏風邪やむくみ改善に使用。
 [高脂血症]高コレステロールと肝臓失調に対する治療効果が報告されている。
[更年期障害]女性の更年期における健康効果が報告されている。
更年期障害や骨粗鬆症にも有効。
[ガン]日本人は前立腺ガンを潜在的にもっていても、欧米人に比べて発症率が極めて低い。
大豆食品を日常的に摂取している日本人の食生活が大いに関係していると考えられている。
前立腺ガンは、そもそも男性ホルモンの過剰が原因で起こる。
そのため女性ホルモンに似た作用をもつイソフラボンを摂取すると、男性ホルモンの増加を抑えられて、ガンの発症を抑制するのではないかとみられている。
大豆イソフラボン
ダイズレシチン
サポニン
ビタミンE
ビタミンB1
オリゴ糖
DDMPサポニン
楊秀峰著 中国秘伝 よく効く「食べ合わせ」の極意 文春文庫 健9-1

増尾 清著 毒を出す!新・食べ合わせ法 朝日新聞出版社

永川祐三著 最新版 抗がん食品事典 医者がすすめる83種 主婦と生活社(2002)

清水俊雄著 糖尿病、がん、肥満など24疾患 食品の効き目辞典 真興交易(株)医書出版部(2003)

白鳥早奈英著 おいしく食べてきれいになる!野菜のたし算ひき算 幻冬舎

橋口亮、橋口玲子著今日からはじめる野菜薬膳、からだに役立つ食材きほん帖(株)マイナビ(2012)
ニンニクAllium sativum授乳時には服用しない。
まれに胃腸障害を起こす。
[高脂血症]血中脂肪を下げる効果。
血管の老化を予防する。
[高血圧]経口での摂取は高血圧に有効。
[脳血管障害]]悪玉コレステロールの上昇を抑え、血栓を予防する作用があるので、動脈硬化の予防にもよい。
強壮作用や風邪のどの効用。
循環器系への効果。
加齢に伴う血管の弾力性の減少抑制に有効。
加齢に伴う大動脈と大動脈の動脈硬化の発生を遅らせた。
[ガン]胃ガン、前立腺ガンの発生リスクを下げる。
抗酸化作用がありガンの予防に役立つ。
米国の疫学調査において、ニンニクを年間1.5kg食べている人は、ほとんど食べない人に比べて、胃ガンの発生率が半分に抑えられる。
イタリアでも同様の結果が得られた。
1日約5gとるといい。
子供や高血圧の人は、この半分以下。
[風邪]抗菌、抗ウイルス作用や抗炎症作用に優れるので、風邪の引き始めや予防にも有効。
[薬膳]体を温める作用が強いニンニク。
冷え症を改善し、風邪による寒気を鎮めて熱を下げる。
胃腸を丈夫にして下痢を止めたり、食欲を高める効果が期待できる。
解毒作用があり、おできの手当てや虫下しなどにも用いられる。
[ニンニク茶]使用部位:鱗茎、採取時期: 5-6月、飲み過ぎに注意、つくりかた:水500mlにつきティーバック1袋をポットに入れ、沸騰してから弱火で5分ほど煮出す。
アリシン
スコルジニン
メチルシステインスルホキシド
ビタミンB1
ジアリルペンタスルフィド
S-メチルシステイン
アリキシン
アリアチミン
増尾 清著 毒を出す!新・食べ合わせ法 朝日新聞出版社

永川祐三著 最新版 抗がん食品事典 医者がすすめる83種 主婦と生活社(2002)

藤田紘一郎監修 医者いらずの健康茶 PHP文庫 ふ34-1

清水俊雄著 糖尿病、がん、肥満など24疾患 食品の効き目辞典 真興交易(株)医書出版部(2003)

白鳥早奈英著 おいしく食べてきれいになる!野菜のたし算ひき算 幻冬舎
レイシGanoderma lucidum[ガン]前立腺ガンにおいて、ほかの7種の混合剤が、前立腺の特異な抗原や血中テストステロン濃度を有意に減少させた。
--
清水俊雄著 糖尿病、がん、肥満など24疾患 食品の効き目辞典 真興交易(株)医書出版部(2003)
田七ニンジンPanax notoginseng妊娠中は禁忌。
慢性肝炎の特効薬「片仔こう(やまいだれに黄)」という漢方薬の成分。
[虚血性心疾患]止血作用、強心作用、高血圧、心筋梗塞、冠状動脈疾患、狭心症、コレステロール過多に使用。
[ガン]前立腺ガンに有効。
心臓病の薬、止血作用、血液循環改善作用、鎮痛作用があることからリウマチや冷え症、高血圧、糖尿病などの病気に効果がある。
サポニン
有機ゲルマニウム
永川祐三著 最新版 抗がん食品事典 医者がすすめる83種 主婦と生活社(2002)

清水俊雄著 糖尿病、がん、肥満など24疾患 食品の効き目辞典 真興交易(株)医書出版部(2003)
豆腐Glycine max骨密度の低下や乳ガン、前立腺ガン、更年期障害に役立つと考えられている。
[薬膳]体の余分な熱をとり去る効果があるため、呼吸器の熱や咳を鎮めてくれる。
潤す作用があり、唾液などの分泌を促し、口の渇きを解消する効果がある。
胃腸を保護して、「気」の巡りをよくし、老廃物を体外に排出しやすくする働きがある。
便通を改善する。
母乳の出をよくする効果がある。
[ガン]ガン予防のためには、1日あたり、豆腐なら1/2丁食べるとよい。
カルシウム
大豆イソフラボン
大豆サポニン
永川祐三著 最新版 抗がん食品事典 医者がすすめる83種 主婦と生活社(2002)

白鳥早奈英著 おいしく食べてきれいになる!野菜のたし算ひき算 幻冬舎

橋口亮、橋口玲子著今日からはじめる野菜薬膳、からだに役立つ食材きほん帖(株)マイナビ(2012)

Page Topへ


病気予防と代謝物の関係表 データなし