Input Word : 結腸ガン

病気予防と食材の関係表
Number of 'Disease prevention and food' data : 2

食品名学名効能機能性天然物文献
カリフラワーBrassica oleraceaカリフラワーもブロッコリーも、花のつぼみ部分より、茎部分のほうが栄養価が高く、特に食物繊維が豊富なので、茎を捨てずに食べるとよい。
また、カリフラワーとブロッコリーに含まれるビタミンCは加熱しても大きな損失がない。
新陳代謝を促進し、老廃物を排出する働きが優れている。
[薬膳]脾・胃・腎を中心に五臓の機能を高める。
胃腸にやさしく、エネルギー補給に優れた野菜。
加齢にともなった気力の衰えを防ぐ。
食物から栄養を吸収する力を助ける。
疲れやすい、耳鳴りが続く、足腰がだるいなど、加齢に伴う症状を予防。
物忘れによいとされる。
[ガン]ブロッコリーを多く食べている人は子宮頸ガンにかかる率が低く、結腸ガンを抑える力はキャベツより高い(米国の研究)。
ベータ・カロテン
スルフォラファン
アリルイソチオシアネート
ビタミンC
ビタミンB2
葉酸
ルテイン
セレン
ケルセチン
グルタチオン
グルコレイト
楊秀峰著 中国秘伝 よく効く「食べ合わせ」の極意 文春文庫 健9-1

増尾 清著 毒を出す!新・食べ合わせ法 朝日新聞出版社

永川祐三著 最新版 抗がん食品事典 医者がすすめる83種 主婦と生活社(2002)

白鳥早奈英著 おいしく食べてきれいになる!野菜のたし算ひき算 幻冬舎

橋口亮、橋口玲子著今日からはじめる野菜薬膳、からだに役立つ食材きほん帖(株)マイナビ(2012)
コムギ粉Triticum aestivum[薬膳]体の熱を冷ます穀物。
小麦粉にするとやや温める性質にかわる。
体の隅々にエネルギーを運び、「気」の巡りを改善し、四肢の末端のしびれや頭重感を緩和する効果がある。
精神を落ち着かせる働きがあり、不安、不眠、焦燥感を和らげる。
[糖尿病]小麦ふすまは、インスリン非依存型糖尿病の血糖コントロールを向上させる目的で使用されいている。
空腹時血糖値および24時間血漿ブドウ糖の上昇を抑える。
さらにコレステロールとトリグリセリドのレベルを向上させる。
[高血圧]血圧を下げる。
[痔]小麦ふすまを、痔核や裂肛ヘルニアなどのリスクを下げる目的で使用。
[ガン]結腸ガン予防に有効。
サイリウム
オクタコサノール
フィチン酸
永川祐三著 最新版 抗がん食品事典 医者がすすめる83種 主婦と生活社(2002)

清水俊雄著 糖尿病、がん、肥満など24疾患 食品の効き目辞典 真興交易(株)医書出版部(2003)

橋口亮、橋口玲子著今日からはじめる野菜薬膳、からだに役立つ食材きほん帖(株)マイナビ(2012)

Page Topへ


病気予防と代謝物の関係表 データなし