Input Word : 白内障

病気予防と代謝物の関係表 Number of 'Disease prevention and metabolites' data : 6


代謝物名英名効能含まれる食品名文献
アントシアニンanthocyanin 視力改善、眼精疲労の改善。
目の網膜にあるロドプシンの再合成を促進する。
視力回復の効果。
抗酸化作用、アンチエイジング。
抗ガン作用。
加齢性白内障の予防、糖尿病や高血圧による網膜症の予防。
アントシアニンには即効性があり、副作用もない
アカシソ
イチゴ
イチジク
クロマメ
サトイモ
ナス
ビルベリー
ブドウ
ブルーベリー
モモ
赤ワイン
増尾 清著 毒を出す!新・食べ合わせ法 朝日新聞出版社

永川祐三著 最新版 抗がん食品事典 医者がすすめる83種 主婦と生活社(2002)

藤田紘一郎監修 医者いらずの健康茶 PHP文庫 ふ34-1

白鳥早奈英著 おいしく食べてきれいになる!野菜のたし算ひき算 幻冬舎
エピロードデンドリンepi-rhododendrin肝機能を高める作用。
肝臓の機能が高まると解毒が進み、新陳代謝が活発化して目にもいい影響を及ぼす。
白内障による視力低下やかすみ目、緑内障といった病気の改善に効果的。
トラコーマやウイルス性結膜炎には効果がない。
メグスリノキ
藤田紘一郎監修 医者いらずの健康茶 PHP文庫 ふ34-1
ナイアシン--[糖尿病]II型糖尿病の成人において、残存インスリン分泌を行うベータ細胞の機能を保護し、糖質コントロールを向上すると期待。
[高脂血症]コレステロールや中性脂肪、LDLコレステロールを減少し、HLDコレステロールを増加する働きがある。
二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを分解する働きがある。
お酒のあとにお勧め。
糖質、脂質、タンパク質の代謝に欠かせない。
抗変異原性、抗酸化作用。
[虚血性心疾患]経口で心筋梗塞の二次再発予防に効果。
[肝疾患]脂質代謝、アミノ酸代謝に関与するので肝機能の維持に必要。
[関節炎]変形性関節症に対して有効。
[眼疾患]食事によるナイアシンの高摂取は核白内障リスクの減少に効果があると期待。
アヒル
アボカド
イワシ
エダマメ
カボチャ
クルミ
ケール
ジャガイモ
タタミイワシ
ピーナッツ
ホタテ
マイワシ
マンゴー
ミドリムシ
モモ
牡蠣
鴨肉
藤田紘一郎監修 医者いらずの健康茶 PHP文庫 ふ34-1

清水俊雄著 糖尿病、がん、肥満など24疾患 食品の効き目辞典 真興交易(株)医書出版部(2003)

白鳥早奈英著 おいしく食べてきれいになる!野菜のたし算ひき算 幻冬舎
ビタミンAVitamin AビタミンAは成人一日10,000IU以下で安全。
動物性食品に含まれるビタミンAとしてのレチノールと、植物性食品に含まれていて体内でビタミンAに代るカロテンとがある。
ロドプシンの一部を構成し、視覚機能の関わっている。
ヒドロキシラジカルと一重項酸素を消去する。
新陳代謝を促進して皮膚や粘膜を正常に保つ効果。
[ガン]乳ガンのリスクの低減。
[眼疾患]や、夜盲症の改善効果。
経口で白内障のリスクを減少させる。
ウナギ
クロマツ
アカマツ
スズキ
チーズ
ニンジン
ヱビスグサ
鶏レバー
鶏手羽先
鶏肉
豚レバー
増尾 清著 毒を出す!新・食べ合わせ法 朝日新聞出版社

藤田紘一郎監修 医者いらずの健康茶 PHP文庫 ふ34-1
ビタミンB1Vitamin B1アルコールに含まれる糖分を分解してエネルギーに変える。
糖分の吸収を妨げる働き。
糖質の代謝を促してくれるので、疲労回復、ストレスの軽減に効果的。
血圧降下抑制作用。
利尿作用。
脳や神経系統を正常に保つ作用を持つ。
視神経の機能を活発化して眼精疲労に伴う頭痛、神経性の頭痛や発熱による頭痛まで和らげる効果。
中枢神経および末梢神経の機能を正常に保つ作用がある。
欠乏により脚気(多発性神経症)をおこし、心臓肥大や動悸、頻脈を起こす。
さらに末梢神経障害、精神的・心理的変調(集中力欠如、神経質、不眠症、非協調性)などをきたす。
[月経前症候群PMS]月経困難症に対して効果。
[眼疾患]白内障の発症を減少させるのに有効とされる。
アオジソ
アヒル
アボカド
イワシ
エダマメ
カボチャ
キクの花
クリ
クルミ
ケール
ザクロ
ジャガイモ
ソラマメ
ダイズ
タタミイワシ
チンゲンサイ
ニンニク
胚芽米
ホタテ
マイワシ
マンゴー
ミドリムシ
牡蠣
鴨肉
豚レバー
豚肉
藤田紘一郎監修 医者いらずの健康茶 PHP文庫 ふ34-1

清水俊雄著 糖尿病、がん、肥満など24疾患 食品の効き目辞典 真興交易(株)医書出版部(2003)

白鳥早奈英著 おいしく食べてきれいになる!野菜のたし算ひき算 幻冬舎
ビタミンB2Vitamin B2一重項酸素を消去する。
貧血の予防、代謝を促し体を元気にする。
にきび予防、美肌づくり、髪を美しく健康に維持するためには欠かせない。
疲労回復効果。
ガン予防。
血圧降下抑制作用。
利尿作用。
[虚血性心疾患]リボフラビンは間接的に強力な抗酸化活性を有し、動脈硬化予防などに役立つ。
[貧血]赤血球の形成に関与するビタミンB12の生合成に関与する。
欠乏すると貧血になる。
[肝疾患]リボフラビンの高摂取と核白内障の発生率の減少に相関がみられている。
アーモンド
アオジソ
アシタバ
アヒル
アボカド
イワシ
エダマメ
カボチャ
カリフラワー
クルミ
ケール
ザクロ
シュンギク
ソラマメ
ダイコン
タタミイワシ
チンゲンサイ
ホタテ
マイワシ
マンゴー
ミドリムシ
牡蠣
鴨肉
増尾 清著 毒を出す!新・食べ合わせ法 朝日新聞出版社

藤田紘一郎監修 医者いらずの健康茶 PHP文庫 ふ34-1

清水俊雄著 糖尿病、がん、肥満など24疾患 食品の効き目辞典 真興交易(株)医書出版部(2003)

白鳥早奈英著 おいしく食べてきれいになる!野菜のたし算ひき算 幻冬舎

Page Topへ

病気予防と食材の関係表 データなし