Input Word : 関節炎

病気予防と食材の関係表
Number of 'Disease prevention and food' data : 9

食品名学名効能機能性天然物文献
オリーブ油Olea europaea[糖尿病]地中海タイプのオリーブ油に含まれる脂肪酸nは、糖尿病者の乳状脂粒の血中残存量を減らす。
アテローム動脈硬化のリスクを低下させる可能性がある。
[高脂血症]血中コレステロール量を低下させる。
[虚血性心疾患]心筋梗塞の既往歴のないヒトにおいてその発症リスクを低下させる。
[高血圧]食事にオリーブ油を使うことで、有意に血圧が低下した。
[関節炎]オリーブ油を日常的に多く摂取するヒトは、リウマチ関節炎が少ないという報告がある。
[ガン]オリーブ油を日常的に多く摂取する人は、乳ガンの罹患が少ない、オリーブ油を日常的に多く摂取するヒトは、大腸ガンの発症がすくない、という報告がある。
オリーブ油摂取は、大腸ガンにつながる要因の腸管粘膜の変化とポロープ形成を抑えると考えられている。
--
清水俊雄著 糖尿病、がん、肥満など24疾患 食品の効き目辞典 真興交易(株)医書出版部(2003)
キャッツクロウUncaria tomentosaアマゾンに自生する植物。
免疫を刺激する作用があるので、免疫抑制剤の作用を阻害する。
[関節炎]経口で膝の変形性関節炎患者に有効。
一週間の投与で関節を動かす際の痛みを軽減したが、安静時の痛みや腫れに対しては効果はなかった。
[ガン]経口で使用。
抗酸化作用、免疫性活性作用。
キャッツクローの抽出物は腫瘍細胞のアポトーシスを誘導し、白血病やリンパ腫細胞の増殖を抑制する。
正常細胞には影響はない。
イソプテロボデイン
プテロボデイン
イソミトラフィリン
イソリンコフィリン
キノビック酸グルコシド
ポリフェロール
プロアントシアニジン
永川祐三著 最新版 抗がん食品事典 医者がすすめる83種 主婦と生活社(2002)

清水俊雄著 糖尿病、がん、肥満など24疾患 食品の効き目辞典 真興交易(株)医書出版部(2003)
スターアニスIllicium verum [薬膳]体を温め、冷えると悪化する腰痛や関節炎を緩和する働きがある。
冷えによる腹痛やおなかの張り、吐き気を改善する。
アネトール
橋口亮、橋口玲子著今日からはじめる野菜薬膳、からだに役立つ食材きほん帖(株)マイナビ(2012)
タイムThymus vulgaris精油の直接摂取や体に塗るのはよくない。
洋風煮こみ料理に用いられる。
ハーブの束・ブーケカルニに欠かせない。
[薬膳]優れた抗菌、抗ウイルス作用に加え、痰の排出を促す作用がある。
風邪のひきはじめ、痰のカラム咳が長引いたときにも効果[関節炎]外用でリウマチ、関節炎に使用。
伝統療法で皮膚症状(打撲、ねん挫など)のための入浴外用剤として使用。
[風邪]上気道感染症や咳止めの効果が高い。
花と葉は経口で気管支炎、百日咳の症状に対して、また、外用で上気道感染症の粘膜の炎症、口内炎、口臭に対して有効。
--
清水俊雄著 糖尿病、がん、肥満など24疾患 食品の効き目辞典 真興交易(株)医書出版部(2003)

橋口亮、橋口玲子著今日からはじめる野菜薬膳、からだに役立つ食材きほん帖(株)マイナビ(2012)
ツバキCamellia japonica[関節炎]ツバキの葉と甘草を煎じて飲む。
タンニン
清水俊雄著 糖尿病、がん、肥満など24疾患 食品の効き目辞典 真興交易(株)医書出版部(2003)
トウガラシCapsicum annuum仕事疲れにキムチを食べれば脳の中枢神経を刺激してエネルギー代謝を活発にしてくれる。
内服の場合は血液の凝固傾向を減少させる。
[薬膳]体の中心部を温める作用が強い。
胃腸の冷えを取り除き、下痢を改善する。
消化を促進する働きがあり、食欲を高める。
刺激が強いので食べすぎに注意。
胃腸が弱い人や痔の人は控えるべき。
[高脂血症]コレステロールを下げ、アテローム性動脈硬化を防ぐ。
心臓疾患の予防。
[関節炎]外用で、リウマチ性関節炎、変形性関節炎、帯状疱疹、糖尿病性の神経痛など、痛みを一時的に抑えるのに有効。
ベータ・カロテン
ビタミンC
カプサイシン
清水俊雄著 糖尿病、がん、肥満など24疾患 食品の効き目辞典 真興交易(株)医書出版部(2003)

白鳥早奈英著 おいしく食べてきれいになる!野菜のたし算ひき算 幻冬舎
ブラックコーホッシュCimicifuga racemosa北アメリカ先住民から受け継がれた薬草。
授乳中は経口については安全ではない。
ホルモン感受性のガンや既往症を持っている人はさけたほうがよい。
神経痛の治療に使用。
[PMS]根抽出物にエストロゲン活性が報告されいている。
エストロゲンとブラックコーホッシュは同等の更年期障害軽減作用が見られた。
更年期障害のほてりなどの症状が有意に軽減する。
[関節炎]神経痛に広く使用。
筋肉痛、関節炎に使用、関節炎、リウマチにはミツガシワやパセリと合せることが多い。
伝統的にリウマチに使用。
--
清水俊雄著 糖尿病、がん、肥満など24疾患 食品の効き目辞典 真興交易(株)医書出版部(2003)
メマツヨイグサOenothera biennisツキミソウオイル。
科学的に効果が期待されている作用としては、PMSやアトピー、リウマチ性関節炎の症状の軽減が示唆されている。
[月経前症候群]月経前症候群に服用される。
[更年期障害]更年期障害に内服される。
乳房痛患者の症状を軽減したという報告がある。
[関節炎]慢性関節リウマチの患者にメマツヨイグサの油を内服で処方したところ、60パーセントの患者で一般治療薬の服用を止めることができた。
リウマチ性関節炎に対し、経口で有効。
[アレルギー]英国ではオイルをアトピー性皮膚炎の臨床治療に使用。
ガンマ・リノレン酸
清水俊雄著 糖尿病、がん、肥満など24疾患 食品の効き目辞典 真興交易(株)医書出版部(2003)
月桂樹Umbellularia californica[高血圧]精油は動物の心拍数を抑制し血圧を下げる。
[関節炎]葉を煎じてリウマチに使用。
--
清水俊雄著 糖尿病、がん、肥満など24疾患 食品の効き目辞典 真興交易(株)医書出版部(2003)

Page Topへ

病気予防と代謝物の関係表 Number of 'Disease prevention and metabolites' data : 9


代謝物名英名効能含まれる食品名文献
グルコサミン--軟骨組織の構成成分になるアミノ酸。
[関節炎]グルコサミンを補給することにより、軟骨の再生を促進し、関節の動きを滑らかにする。
清水俊雄著 糖尿病、がん、肥満など24疾患 食品の効き目辞典 真興交易(株)医書出版部(2003)
コラーゲン--アレルギーなどのタンパク質に過敏反応するヒトは注意。
[骨粗鬆症]骨の組織にカルシウムが定着するのを助けることにより骨粗鬆症を防ぐ。
[関節]チキンコラーゲンはリウマチ性関節炎、骨関節炎、通風性関節炎、若年性リウマチ関節炎において痛みの緩和に内服される。
食物の形でコラーゲンを摂取種る場合は、同時にビタミンCの摂取が必要。
皮膚や骨の老化を防止する。
鶏手羽先
清水俊雄著 糖尿病、がん、肥満など24疾患 食品の効き目辞典 真興交易(株)医書出版部(2003)
コンドロイチン硫酸Chondroitinsulfate正常な細胞を傷つけずにガン細胞を兵糧攻めにして滅ぼす。
ガンの骨転移での鎮痛効果も期待できる。
[関節炎]関節、じん帯などの弾力、円滑性を保ち、皮膚の保湿性を向上させ、肌を若返らせる。
リウマチ、腰痛、五十肩、肩こり、脱毛症などを適応症とする医薬品として用いられている。
永川祐三著 最新版 抗がん食品事典 医者がすすめる83種 主婦と生活社(2002)

清水俊雄著 糖尿病、がん、肥満など24疾患 食品の効き目辞典 真興交易(株)医書出版部(2003)
ナイアシン--[糖尿病]II型糖尿病の成人において、残存インスリン分泌を行うベータ細胞の機能を保護し、糖質コントロールを向上すると期待。
[高脂血症]コレステロールや中性脂肪、LDLコレステロールを減少し、HLDコレステロールを増加する働きがある。
二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを分解する働きがある。
お酒のあとにお勧め。
糖質、脂質、タンパク質の代謝に欠かせない。
抗変異原性、抗酸化作用。
[虚血性心疾患]経口で心筋梗塞の二次再発予防に効果。
[肝疾患]脂質代謝、アミノ酸代謝に関与するので肝機能の維持に必要。
[関節炎]変形性関節症に対して有効。
[眼疾患]食事によるナイアシンの高摂取は核白内障リスクの減少に効果があると期待。
アヒル
アボカド
イワシ
エダマメ
カボチャ
クルミ
ケール
ジャガイモ
タタミイワシ
ピーナッツ
ホタテ
マイワシ
マンゴー
ミドリムシ
モモ
牡蠣
鴨肉
藤田紘一郎監修 医者いらずの健康茶 PHP文庫 ふ34-1

清水俊雄著 糖尿病、がん、肥満など24疾患 食品の効き目辞典 真興交易(株)医書出版部(2003)

白鳥早奈英著 おいしく食べてきれいになる!野菜のたし算ひき算 幻冬舎
ビタミンCVitamin C許容上限摂取量は成人一日あたり2000mg。
[抗酸化]スーパーオキシドラジカルの消去、過酸化水素とスーパーオキシドラジカルが反応してできるヒドロキシラジカルおよび、スーパーオキシドラジカルとヒドロキシラジカルが反応してできる、一重項酸素の生成阻止、ビタミンEがヒドロキシラジカルや一重項酸素を消去する働きに対する助成。
目・口・鼻の粘膜、肌・髪・爪を健康に保つ働き。
コラーゲンの生成に欠かせない。
アンチエイジング。
メラニン色素の生成を防ぐ働きがある。
美白効果。
抗酸化作用。
風邪などの病気予防。
水溶性で熱に弱い。
若々しい血管を保つ効果。
免疫力を高める。
[高脂血症]コレステロールの体内での合成を抑制する。
胆汁酸の合成を促進することにより血圧や血中脂質を正常化する。
ビタミンEとの併用により心臓病のリスクを軽減する。
[虚血性心疾患]心臓血管病での死亡率を減少に貢献。
血中ビタミンCの濃度が高いヒトは、低いヒトに比べて心臓血管病や虚血性心疾患での死亡率が30パーセントほど低い。
[貧血]鉄分の吸収を助ける効果。
非ヘム鉄吸収率を上昇させる。
[骨粗鬆症]コラーゲン生合成に必要。
骨芽細胞に作用して骨の形成に関与する可能性がある。
[関節炎]関節の損傷や変形性関節炎を減少させることに有効。
[ガン]抗酸化作用、1日200mgのビタミンCを野菜や果物から摂取しているヒトは、口腔ガン、食道ガン、胃ガン、大腸ガン、肺ガンの発生リスクが低かった。
[風邪]
アオジソ
アカシソ
アシタバ
アボカド
イチゴ
エダマメ
エンドウマメ
オレンジ
カイワレダイコン
カボチャ
カリフラワー
キウイ
キャベツ
グレープフルーツ
グレープフルーツ(ピンク)
クロマツ
アカマツ
ケール
ゴーヤ
サトイモ
シジュウム
ジャガイモ
ソラマメ
タマネギ
チンゲンサイ
トウガラシ
トマト
ニンジン
ネギ
ハイビスカス茶
パセリ
パパイア
パプリカ
ピーマン
ブロッコリー
ホウレンソウ
マタタビ
マンゴー
ミドリムシ
モロヘイヤ
ユズ
レタス
レモン
レンコン
ワサビ
芽キャベツ

柿の葉
京ニンジン
日本茶
増尾 清著 毒を出す!新・食べ合わせ法 朝日新聞出版社

藤田紘一郎監修 医者いらずの健康茶 PHP文庫 ふ34-1

清水俊雄著 糖尿病、がん、肥満など24疾患 食品の効き目辞典 真興交易(株)医書出版部(2003)

白鳥早奈英著 おいしく食べてきれいになる!野菜のたし算ひき算 幻冬舎
ビタミンKVitamin K骨量アップのビタミン。
潰瘍で傷ついた部分の止血作用をもつ。
粘膜の強化・再生を助ける。
止血作用。
血管を強くする作用。
抗炎症作用。
口内炎に効果。
[骨粗鬆症]骨からのカルシウム溶出(骨吸収)を抑制する。
骨に存在するタンパク質オステオカルシンの生成にかかわる。
骨の形成に関与し、骨を丈夫に保つのを助ける。
[関節炎]リウマチ性関節炎に対し、通常の治療の補助として有効。
炎症は変化がないが、痛みが軽減されるという報告がある。
キャベツ
クマザサ
コマツナ
ヒジキ
芽キャベツ
納豆
永川祐三著 最新版 抗がん食品事典 医者がすすめる83種 主婦と生活社(2002)

藤田紘一郎監修 医者いらずの健康茶 PHP文庫 ふ34-1

白鳥早奈英著 おいしく食べてきれいになる!野菜のたし算ひき算 幻冬舎
ベータ・カロテンbeta-caroteneベータ・カロテンの量は1日あたり5-6mg、中ぐらいのニンジンの1/3程度。
過剰にとっても心配ない。
ベータ・カロテンはレチノイドに変化してビタミンAとなる。
目、口、鼻の粘膜、肌、髪、爪の健康を保つ。
皮膚や粘膜を強くする。
ガンや風邪の予防効果。
白血球の働きをよくして免疫力をアップする。
高い抗酸化作用。
アンチエイジング、生活習慣病予防に効果的。
体内でビタミンAに変化する。
皮膚や粘膜を丈夫にして風邪を防いだり、抗酸化作用により生活習慣病やガン予防に効果。
脂溶性なので油と一緒に摂ると吸収が高まる。
[高脂血症]ビタミンEなどとともにLDL-コレステロールの上昇を防ぎ、動脈硬化や心筋梗塞の予防に役立つ。
[関節炎]経口で変形関節炎の進行を遅らせるのに有効。
[ガン]ベータ・カロチン、ビタミンE、セレンの3種混合剤で摂取した場合、ガンの発症を抑えた。
アオジソ
アオノリ
アカシソ
アシタバ
アボカド
エゾウコギ
エノキタケ
オクラ
オレンジ
カイワレダイコン
カイワレダイコン
カボチャ
カリフラワー
キクラゲ
キャベツ
ケール
コマツナ
サトイモ
サヤエンドウ
シイタケ
シメジ
シュンギク
ズッキーニ
スピルリナ
セロリ
タマネギ
チンゲンサイ
トウガラシ
トマト
ニラ
ニンジン
ネギ
バジル
パセリ
パプリカ
ブロッコリー
ホウレンソウ
マツタケ
ミズナ
ミドリムシ
モロヘイヤ
芽キャベツ

京ニンジン
日本茶
増尾 清著 毒を出す!新・食べ合わせ法 朝日新聞出版社

永川祐三著 最新版 抗がん食品事典 医者がすすめる83種 主婦と生活社(2002)

清水俊雄著 糖尿病、がん、肥満など24疾患 食品の効き目辞典 真興交易(株)医書出版部(2003)

白鳥早奈英著 おいしく食べてきれいになる!野菜のたし算ひき算 幻冬舎
ルチン--血管を丈夫にし、動脈硬化を予防することが知られる。
ビタミンPの一種。
ケルセチンとともに止血薬に使用。
[関節炎]ルチンは、トリプシンとプロメラインと組み合わせて、変形関節症におそらく有効。
アスパラガス
イチジク
ソバ
ラフマ
レモン
柿の葉
楊秀峰著 中国秘伝 よく効く「食べ合わせ」の極意 文春文庫 健9-1

清水俊雄著 糖尿病、がん、肥満など24疾患 食品の効き目辞典 真興交易(株)医書出版部(2003)
植物ステロール--[虚血性心疾患]内服でも用いられて、心臓病予防に効果。
[前立腺肥大]良性の前立腺肥大において、尿症状を有意に改善し、最大尿流量を上昇させた。
[関節炎]リウマチ性関節炎に用いられている。
清水俊雄著 糖尿病、がん、肥満など24疾患 食品の効き目辞典 真興交易(株)医書出版部(2003)

Page Topへ