Input Word : Apium graveolens

病気予防と食材の関係表
Number of 'Disease prevention and food' data : 1

食品名学名効能機能性天然物文献
セロリApium graveolens生活習慣病やガン予防、アンチエイジングに効果的。
乳酸菌を含むヨーグルトと食べあわせると便秘予防効果が上がる。
[薬膳]高血圧対策に用いられる。
肝・肺・脾・胃に入り、性は涼とされ、血液を浄化するので動脈硬化にも効果があり、利尿作用もあり、便秘も解消する。
「肝」に働いて「気」の巡りを改善し、体の熱をとってのぼせを抑える働き。
ストレスによるめまいや血圧上昇が起きやすい人は、積極的に食べるとよい。
体の余分な水分を取り除いてむくみを解消したり、血行をよくして生理痛を和らげる効果がある。
生理前や生理中の不調におすすめ。
ピラジン
フラボン
アピイン
セネリン
ピラジン
食物繊維
葉酸
ベータ・カロテン
楊秀峰著 中国秘伝 よく効く「食べ合わせ」の極意 文春文庫 健9-1

増尾 清著 毒を出す!新・食べ合わせ法 朝日新聞出版社

白鳥早奈英著 おいしく食べてきれいになる!野菜のたし算ひき算 幻冬舎

Page Topへ


病気予防と代謝物の関係表 データなし