Input Word : Allium sativum

病気予防と食材の関係表
Number of 'Disease prevention and food' data : 2

食品名学名効能機能性天然物文献
ニンニクAllium sativum授乳時には服用しない。
まれに胃腸障害を起こす。
[高脂血症]血中脂肪を下げる効果。
血管の老化を予防する。
[高血圧]経口での摂取は高血圧に有効。
[脳血管障害]]悪玉コレステロールの上昇を抑え、血栓を予防する作用があるので、動脈硬化の予防にもよい。
強壮作用や風邪のどの効用。
循環器系への効果。
加齢に伴う血管の弾力性の減少抑制に有効。
加齢に伴う大動脈と大動脈の動脈硬化の発生を遅らせた。
[ガン]胃ガン、前立腺ガンの発生リスクを下げる。
抗酸化作用がありガンの予防に役立つ。
米国の疫学調査において、ニンニクを年間1.5kg食べている人は、ほとんど食べない人に比べて、胃ガンの発生率が半分に抑えられる。
イタリアでも同様の結果が得られた。
1日約5gとるといい。
子供や高血圧の人は、この半分以下。
[風邪]抗菌、抗ウイルス作用や抗炎症作用に優れるので、風邪の引き始めや予防にも有効。
[薬膳]体を温める作用が強いニンニク。
冷え症を改善し、風邪による寒気を鎮めて熱を下げる。
胃腸を丈夫にして下痢を止めたり、食欲を高める効果が期待できる。
解毒作用があり、おできの手当てや虫下しなどにも用いられる。
[ニンニク茶]使用部位:鱗茎、採取時期: 5-6月、飲み過ぎに注意、つくりかた:水500mlにつきティーバック1袋をポットに入れ、沸騰してから弱火で5分ほど煮出す。
アリシン
スコルジニン
メチルシステインスルホキシド
ビタミンB1
ジアリルペンタスルフィド
S-メチルシステイン
アリキシン
アリアチミン
増尾 清著 毒を出す!新・食べ合わせ法 朝日新聞出版社

永川祐三著 最新版 抗がん食品事典 医者がすすめる83種 主婦と生活社(2002)

藤田紘一郎監修 医者いらずの健康茶 PHP文庫 ふ34-1

清水俊雄著 糖尿病、がん、肥満など24疾患 食品の効き目辞典 真興交易(株)医書出版部(2003)

白鳥早奈英著 おいしく食べてきれいになる!野菜のたし算ひき算 幻冬舎
ニンニクの芽Allium sativum--アリシン
増尾 清著 毒を出す!新・食べ合わせ法 朝日新聞出版社

Page Topへ


病気予防と代謝物の関係表 データなし